カブトムシの販売

カブトムシはネットはもとよりホームセンターなどでもカブトムシの飼育セットとして販売されているので、現在は比較的簡単に誰でもかぶとむしが手に入るし飼育できますね。

カブトムシの飼育って、苦労してカブトムシを捕まえるからこそ愛情を持って行えるんだと思うんですけどね。

簡単に購入したカブトムシって、ほとんど使い捨て感覚なんじゃないでしょうか?

だから別に愛情も湧かないし、いらなくなったら適当に捨てたり。。


▲国産カブトムシ サイズフリー (2ペア)

▲国産カブトムシ サイズフリー (2ペア)


こういった外来種のカブトムシも販売されていますが、こういったカブトムシを安易に捨てると生態系を破壊してしまいますので絶対に止めましょう!

その他のカブトムシの販売情報



かぶとむしの飼育

かぶとむしといえば夏の風物詩ともいえる存在ですが、何時の時代になっても男の子は一度はかぶとむしに憧れて、飼育した経験があるのではないでしょうか。

カブトムシの飼育も昔とは違って、カブトムシの飼育セットなどが売られてますし、かぶとむし自体の販売もホームセンターとかでも行われてます。

かぶとむしはやはり生き物ですしカブトムシの飼育って簡単そうでも実はけっこう難しかったりします。

飼い易いのはかぶとむしよりクワガタムシのほうですね。

かぶとむしの飼育をされるなら一応そのポイントくらいは抑えておいた方がいいですね。
国産カブトムシ 成虫ペア(サイズフリー)

国産カブトムシ 成虫ペア(サイズフリー)


その他のかぶとむしの情報はこちらからドウゾ♪

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。